開口一番

落語ブームもいつの間にか終わってしまい、今さら感は否めませんが、名人・上手の師匠たちの落語音源を改めてCDで聞くことで再評価しようというサイトです。
Amazon等での購入やTSUTAYA等でのレンタルで是非楽しんで下さい。
このサイトから音声が聴こえたり、ダウンロードするものではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の主任

「富久」 古今亭志ん朝(3)

416k-IRhi6L

志ん生師匠親子3人の「富久」聴き比べ、最後を飾るのは志ん朝師匠です。

志ん朝師匠の語りは非常に明確でテンポも良く、そして情景が目に浮かぶような細かな描写・表現というところが受けているのだろうと思います。
そして、くすぐりもさらりとしていて、しつこくないので、素直に笑うことができますね。
もちろん、これらはこの噺でも十分楽しめます。

マクラの部分で「大神宮様のお祓い」とはっきりと伏線を張って噺を始めているところも良いですね。

サゲも十分に分かりやすく話していますから、初めてこの噺を聴く人にもわかり易いです。
紹介する順番が逆になってしまいましたが、最初にこの演目をCDで聴くとなると、志ん朝師匠のこの音源が良いと思います。

さて、皆さんのジャンボ宝くじが当たると良いですね。
そして、くれぐれも火の元にはご注意ください。