「富久」 古今亭志ん生(5)

51-XRqiUZpL

年末ジャンボ宝くじ、買いましたか?。
この時期の会話のネタとして、よく出てきますよね。
噺に出てくる千両富となると、今の金額に換算すると、約1億円。
それに引き換え、今年の年末ジャンボは最高10億円らしいですね。
けど、昔の富くじは1枚で1分(ブ)、約2.5万円とそもそもが高額でした。

確率から言うと、億円単位の高額当選を得るよりも、宝くじを買って帰る途中で車にハネられてしまう確率の方が高いし、今日明日中に不意の死を遂げる確率の方が高いわけです。
何かと現実的な私は、まあこんな感じです。

さて、年末に聴き比べるシリーズとして、「富久」を取り上げます。
「富くじ」+「久蔵」を略して、「富久」。
根多出ししてある落語会で初めてこの噺の演目を見た時は、そんなこともいざ知らず、「どんな噺だろう?」と思ったものです。

聴き比べと言いながらも、今回は志ん生師匠、馬生師匠、志ん朝師匠の親子での聴き比べです。
ですから、噺は基本同じです。

3人いずれも既に亡くなっているので、今この古今亭の「富久」を聞くとなると、私のおすすめは当代の馬生師匠です。
師の噺のマクラからは、しばしば知識がさらりと語られることがあり、この「富久」についても、「大神宮様のお祓い」と言って、御札を配って歩く一方、古い方の御札を回収して、それを入れる箱が「お払(祓)い箱」の語源であることを知らされます。
「お祓い(お払い)」、この噺のキーワードですね。
また、正しい神棚での御札の飾り方も教えてくれます。
サゲに向けての、予備知識、伏線です。

さて、志ん生師匠の「富久」。
賭け事が楽しい、という大胆なマクラから、富くじへと切り替わって行きます。
特に私が好きな聴きどころは、富くじの抽選会場で出てくる、くすぐりです。
こういうところが、志ん生師匠の魅力ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です