「富久」 古今亭志ん朝(3)

416k-IRhi6L

志ん生師匠親子3人の「富久」聴き比べ、最後を飾るのは志ん朝師匠です。

志ん朝師匠の語りは非常に明確でテンポも良く、そして情景が目に浮かぶような細かな描写・表現というところが受けているのだろうと思います。
そして、くすぐりもさらりとしていて、しつこくないので、素直に笑うことができますね。
もちろん、これらはこの噺でも十分楽しめます。

マクラの部分で「大神宮様のお祓い」とはっきりと伏線を張って噺を始めているところも良いですね。

サゲも十分に分かりやすく話していますから、初めてこの噺を聴く人にもわかり易いです。
紹介する順番が逆になってしまいましたが、最初にこの演目をCDで聴くとなると、志ん朝師匠のこの音源が良いと思います。

さて、皆さんのジャンボ宝くじが当たると良いですね。
そして、くれぐれも火の元にはご注意ください。

「富久」 金原亭馬生(10)

41vF1DQ5ATL

前回の予告通り、「富久」の聴き比べ、その2は先代の馬生師匠です。
なんと、「一丁入り」の出囃子で高座に上がる、貴重な音源の1つと言えるでしょう。
あいにく、いつの録音のものかは確認できていませんが、馬生師匠が一丁入りを出囃子に使っていたのは、本当に最晩年のしかも数ヶ月とのことです。
声の方は、まだしっかりしています。

噺の方はって言うと、マクラらしいことをあまり語らずに、噺に入ってしまいます。
噺自体は毎度おなじみのままですが、初めてこの噺を聴くには、マクラでの伏線やら予備知識の説明などがあった方が分かりやすいです。

あまりにもサラリとサゲの言葉を言ってしまうこともあり、初心者向けではない、音源と言えます。

この噺はやはり12月に掛けるものでしょうから、亡くなる前年である1981年〈昭和56年〉の12月の録音ではないかと推理してみました。

「富久」 古今亭志ん生(5)

51-XRqiUZpL

年末ジャンボ宝くじ、買いましたか?。
この時期の会話のネタとして、よく出てきますよね。
噺に出てくる千両富となると、今の金額に換算すると、約1億円。
それに引き換え、今年の年末ジャンボは最高10億円らしいですね。
けど、昔の富くじは1枚で1分(ブ)、約2.5万円とそもそもが高額でした。

確率から言うと、億円単位の高額当選を得るよりも、宝くじを買って帰る途中で車にハネられてしまう確率の方が高いし、今日明日中に不意の死を遂げる確率の方が高いわけです。
何かと現実的な私は、まあこんな感じです。

さて、年末に聴き比べるシリーズとして、「富久」を取り上げます。
「富くじ」+「久蔵」を略して、「富久」。
根多出ししてある落語会で初めてこの噺の演目を見た時は、そんなこともいざ知らず、「どんな噺だろう?」と思ったものです。

聴き比べと言いながらも、今回は志ん生師匠、馬生師匠、志ん朝師匠の親子での聴き比べです。
ですから、噺は基本同じです。

3人いずれも既に亡くなっているので、今この古今亭の「富久」を聞くとなると、私のおすすめは当代の馬生師匠です。
師の噺のマクラからは、しばしば知識がさらりと語られることがあり、この「富久」についても、「大神宮様のお祓い」と言って、御札を配って歩く一方、古い方の御札を回収して、それを入れる箱が「お払(祓)い箱」の語源であることを知らされます。
「お祓い(お払い)」、この噺のキーワードですね。
また、正しい神棚での御札の飾り方も教えてくれます。
サゲに向けての、予備知識、伏線です。

さて、志ん生師匠の「富久」。
賭け事が楽しい、という大胆なマクラから、富くじへと切り替わって行きます。
特に私が好きな聴きどころは、富くじの抽選会場で出てくる、くすぐりです。
こういうところが、志ん生師匠の魅力ですね。

「芝浜」 古今亭志ん朝(3)

41yiMm7Q1nL

前回からの引き続きで、「芝浜」の聴き比べです。
前回の三木助師匠のとは対局にあるのが、古今亭のバージョンだと思います。
ある意味、せっかちな展開です。
何故なら、芝の浜でのシーンがないのです。
「芝浜」と言いながら、肝心の財布を浜で拾うシーンがないのです。
原作というか、元々は財布も拾うシーンがあるはずですが、それを敢えて削ぎ落とした、新進気鋭な脚本構成と言った感じでしょうか?

まず、一般的に勝五郎という名で登場する主人公が、古今亭では熊五郎です。
そして、熊五郎がしぶしぶと家を追い出されたかと思うと、すぐに慌てて帰ってくるシーンに繋がるわけです。
浜での話は回想として語られるものの、実にサラリとしています。

拾ってくる金額は50両です。

ここでまたリアルさの検証ですが、慌てて戻ってきた熊五郎が、「早く起こしやがっただろう」と妻を責めるわけですが、自分だったらそんなことではなく、「金拾ったよ」というのが、らしいのではないかと思いました。

「芝浜」 桂三木助(3)

41EY9PTH2EL

年末ですから、「芝浜」を聴き比べてみたいと思います。
まずは、「芝浜」と言えばこの人、三代目桂三木助師匠の音源から聴いてみましょう。

当時は三木助師匠以外、他の人が「芝浜」を掛けなかったという逸話が残っているほどです。

師匠の噺として特徴的なのは、芝の浜で時間を潰す間の独り言ですね。
後日比較を行う、古今亭のパターンとここが大きく違っています。
(詳しくは、後日)

それと拾ってくる金は82両もあります。

ちょっと「芝浜」のリアル感について、考えたことがあります。
50両という設定でも、一分銀、二分銀ということと、濡れた財布ということで、その重さは1キロ近くになります。
それを懐に入れて、しかも濡れて、ヌルヌルしているような皮の財布を懐に入れて走るかな?。
自分だったら、魚を仕入れて入れる予定だった天秤の桶に入れて持ち帰ると思います。

それにしてもこの噺のサゲは秀逸ですよね。
野暮なので、それは言わずに止めておきましょう。
その台詞を師匠はサラリと言いのけてます。
結構、タメル人多いですよね。

「抜け雀」 古今亭志ん朝(3)

41byW6jTacL

噺のマクラが単にその日のお客様の状況を伺うのみならず、噺のサゲへの伏線だったりもします。
イントロクイズみたいなもので、このお決まりのフレーズがでてくるってえと、あの噺ってな具合に分かるもんです。

しかし、「道具屋という商売がありまして」なんてフレーズだからって、「道具屋」であることはほとんどなく、この場合は与太郎の小咄からつなぐことが多いですね。

まあ、おなじみの方にはその噺が何であるか分かった時点で、サゲも分かっているわけで、サゲに格段の期待がもたれているわけではないですね。
むしろ、今となってはそのままでは分かりにくいサゲをどう分かりやすくするか?、そのための説明をどのくらいマクラに伏線として入れておくか?、この辺りの加減を楽しむのも面白いものです。

「駕籠かき」を「籠描き」と言う、言い回しですね、この噺は。

大阪でのホール落語の録音音源です。

「笠碁」 柳家小さん(5)

41ojFo1UNJL

この録音は受賞祝い公演ということで開催されたもので、勲四等旭日小綬章と自身マクラで話をしています。
ということで、1985年のものと思われます。

ちょっと登場人物と展開を整理しておきましょう。
出てくるのは、近江屋と相模屋。
舞台となる場所は近江屋で、この近江屋が待ったを掛けます。
一方、雨の中、笠をかぶって家を出、近江屋に出掛けて行くのが、相模屋です。

この「笠碁」、クライマックスには雨が欠かせませんが、これは梅雨ではなく、秋の長雨のしとしとと降る感じのものだと、聞いたことがあります。
確かにそう思って聞いた方が、すっきりですね。

噺の中に、銀行やコウモリ(傘)という言葉が出てきますので、比較的新しい時代設定のようです。

今回取り上げた音源は、キングレコードの
「昭和の名人 古典落語名演集 五代目柳家小さん 十三」
この「笠碁」のほか、「粗忽長屋」と「長短」が収録されています。

「船徳」 古今亭志ん朝(3)

51YR5igYHtL

暑い日が続いていますね。
ぼおーっとしていたら、ちょっと旬を逃してしまった噺ではありますが、お許し下さい。
「船徳」です。
四万六千日詣りということですから、本来は今月の10日あたりに紹介しておいた方が良かったですが。
(けど、かつては旧暦でやってただろうから、まだ良いかな?)

私がこの噺で好きなくだりは、若旦那の徳さんが船頭になる、ついては店のものを全員集めて、その旨宣言したいとうことになって、「親方が読んでるよ~」となって、何故呼んでいるかをそれぞれが想像するシーン。
きっと怒られるに違いないと理由をかんがえるものの、結局それぞれの理由探しは空振りながら、白状してバレてしまうあたりです。
隣の天ぷらそばを盗み食いしたところが特に好きです。

今回の音源は、古今亭志ん朝師匠の「落語名人会 (1) 古今亭志ん朝(1) 「明烏」「船徳」」です。
「船徳」は79年7月の高座の録音とのことです。
41歳、まだ若々しい声ですね。

「艶笑落語」 古今亭志ん生(5)

51hW5dGQlhL

志ん生師匠の後に、圓生師匠が出てくる豪華な落語会での収録の様です。
本来なら、「大工調べ」をやろうかということだったみたいですが、噺が「ツク」ということで、急遽演目の変更です。
本来なら、そんなことなど言わずに、別の噺を始めれば良さそうなものですが、サービス精神旺盛の志ん生師匠は、「こんばんの演題は私に任せていただいて、普段は滅多にやらない噺をさせていただきます。」という挨拶に会場が一斉に湧き上がります。
しかも、以前自分の師匠がやっているのを楽屋で見て覚えた噺とまで言っています。

この艶笑噺の本編は「鈴ふり」で、前半に小噺的に左甚五郎が出てくる「四つ目屋」を付けたものです。
やはり傑作なのはこの「四つ目屋」です。
この噺というか、おそらく同じ音源を使っての解説だと思いますが、
「落語の舞台を歩く」 http://ginjo.fc2web.com/95yotumeya/yotumeya.htm に、この噺の前半部分「四つ目屋」の噺とその舞台となった場所についての解説があるので、ぜひ御覧ください。

今日紹介する音源は日本コロンビアの「決定盤 志ん生落語集(9)」です。
収録タイトルは、
1.品川心中
2.艶笑落語

廓噺とはまた一味違った色気噺、バレ噺。
めったに聞けない、貴重な音源です。

「らくだ」 古今亭志ん生(5)

41DdKU36d5L

冒頭に演目を喋ってしまいます。
「えー、『らくだ』という噺で」
志ん生師匠にはありがちな導入です。

本来この噺の冒頭は、らくだの兄貴分がいろいろと悪態をついて屑屋を脅かし、月番のところに遣いに出すくだりがあるのでが、今回は屑屋が月番のうちに交渉に来たところから始まります。
ですから、初めてこの噺を聞く人(あまりいないと思いますが)は、最初に誰と誰が会話しているのか、分からないのでは、と思います。

この口演は途中、屑屋が悪酔いし、立場が逆転して、らくだの兄貴分に絡むところまでです。

今回のCD音源は「NHK落語名人選(82) 五代目 古今亭志ん生」です。
収録されている演目は、
 ・稽古屋
 ・後生鰻
 ・らくだ
 ・巌流島
の4つです。
このブログでも、以前「稽古屋」を取り上げました。